秋山製作所 TOPへ戻る 秋山製作所 お問い合わせページ 秋山製作所 情報紙「コルネット」 秋山製作所 会社概要
秋山製作所
秋山製作所 定番ブローチ
秋山製作所 オリジナルクラスプ「マグピタ」
秋山製作所 オリジナルクラスプ「A-1」
秋山製作所 オリジナルブランド「ブローチハウス」
お問い合わせ
秋山製作所 製品資料配布

これからの時代の「新たな営業活動」としてお客様へのE-Mailによる情報配信サービスを行っております。
新製品のご案内など役立つ情報をお客様へご提供致します。
メール配信ご希望の方はコチラのフォームから、件名にメール配信希望と書き、ご送信お願いします


 Twitterはじめました♪
Twitterボタン


2008.07.01
No.156

** 発行 **
(株)秋山製作所
企画・デザイン室

 京都議定書が2005年2月16日に発効され、さらに2008年からは、京都議定書で定められた削減目標の第一約束期間に入りました。世界に約束した日本の温室効果ガス排出量の削減目標は、1990年に比べて6%削減することです。
 2005年夏、温室効果ガスを削減目的で、夏のエアコン設定を28℃にし、そんなオフィスで快適に過ごすため「COOL BIZ」が始まりました。各企業が冷房設定温度を、例年より高くしたことによる2006年度の二酸化炭素削減量は推計で約114万トンとなったそうです。
 現在では、クールビズは素材からデザイン、コーディネートまで様々な提案がなされています。また、オフィススペースを涼しく快適に過ごすために、服装だけでなく、ミントやラベンダーなどの“香り”を活用したり、窓辺に緑のカーテンを作るなどの提案もなされています。
 夏の常識となったCOOL BIZですが、皆さんはどの様にお過ごしですか?弊社で好評のメンズシリーズがボタンホルダーにも登場しました。これを着ければ、他の人に差をつけることができ、男度もUPしますよ?!(笑)(N.M)

  地球温暖化対策の一環として、コンビニ店などに24時間営業の自粛を要請する方針を打ち出す自治体が出始めているようです。利用頻度が少ない深夜の営業を控えることで、電力などを節約しエコにつなげようというものです。
意識調査を行った結果、45.6%と半数近くが肯定的な意見のようです。「需要の少ないエリアでは自粛してもいい」、「深夜帯の非行や犯罪の火種になる」という意見や「24時間営業でなければコンビニではない」、「コンビニの明かりが防犯の役割をしている」と賛成派・反対派の意見が真っ向から対立しています。
  現在、24時間営業自粛はコンビニに限って議論されているようですが、今後コンビニ以外の24時間営業店舗にも波紋が広がることは必至です。
 便利さに慣れた私たちが便利さを手放すことは非常に勇気のいる行動だと思われます。そうならないためにも、自分たちにできるエコを考え、実践する時期がやってきたのかもしれません。(Y.A)

 何を心地よく感じるか。自分の心に向き合うことこそ、トレンドを知るきっかけになると聞きました。例えば身近なことでできる包装の簡略化やペットボトルの再利用といった環境への配慮。食品ならより安全、安心を求めることでオーガニックなものへ。
 今、時代はゴージャスで華美なものより、リラックスしたナチュラルに心が動いています。モードでも気分を反映し、70年代のヒッピースタイルを現代的にアレンジした夏フェス風の着こなしが人気です。クロシェレース(レース編みの一種で、かぎ針一本でレース風の編地を作り出す手法のこと)やパッチワークのフレアデニム、特にフルレングス(くるぶしや床まで届くような長い丈)のコットンドレスなどは真夏のヒットアイテムになる予想が出ています。
 私もリラックスした服が好きなので、ナチュラルを楽しみたいと思います。少し抵抗がある方もいると思いますので、流行を取り入れる意味で、ネックレスやピアス、バッグなどの小物でアピールしてみてはいかがでしょうか。(N.M)